アミューズメント施設の内ゲームセンターで仕事をする前に知っておこう

>

ゲームセンターの仕事は遊びが好きなだけでは難しい?

接客や気配りが大事

ゲームセンターの仕事は、ゲームが好きな気持ちやできるスキルも必要ですが、接客業の側面があります。
細かな部分でも自然な形で声掛けをすることや、快適に過ごせるための空間づくりが大事です。
最初は難しいかもしれませんが、誠実に仕事をする姿勢が伝わると他の社員以外に常連のお客さんも教えてくれます。
お客さんの中には、ゲームに関する会話やフォローを求められる場合があります。
話に合わせられる範囲で良いので、自分なりの研究が大事なのかもしれません。

休日になれば家族連れのお客さんが多く、お子さんへの接客もあります。ゲームの操作が難しい場合もあるため、他のお客さんの様子を見ながら、できる範囲でフォローする作業はいるかもしれません。また、イベント時は、お子さんが自然な形で楽しめるように声掛けや振る舞いも要ります。上手にできると、施設の売上アップが見込めます。

さまざまなトラブルを想定しよう

ゲームセンターで仕事をすれば、さまざまなトラブルが起こりかねません。
クレームの場合、接客対応に不備を言われた時は謝罪を行い、そのうえで話を遮らずに冷静に聞きましょう。
最初は感情的になっていても、ある程度話を聞いてもらえるのが分かれば、ほとんどのお客さまは落ち着きます。

一方、揚げ足取りやエスカレートする人もいます。
自分だけでは手に負えない時は、速やかに警察に相談しましょう。
その後は責任者や親会社に報告。
クレーム対応を想定して、時間を見つけて親会社や社員と連携を図る作業は大切です。精神的に厳しい時はあるかもしれませんが、特に管理者であれば、対応の良し悪しは同じ施設で働く社員や他のお客さんへの印象に影響を及ぼしかねません。

近年では、トラブルを想定して防犯カメラの設置やセキュリティー会社との連携ができている施設が増えています。
仕事先を選ぶなら、安心安全に仕事ができる所がオススメです。


TOPへ戻る